News

Hello UbuCon Asia speakers!

2021-07-30 12:47 +0900
  • Youngbin Han

Hello UbuCon Asia 2021 speakers! Thanks again for submitting your proposals for the first UbuCon Asia! We just completed reviewing proposals and now reaching out each person to confirm speaker participation. Confirm your participation If your proposal was accepted, We’ll send you an email to confirm whether you’ll give speech on the event. You may also check eventyay to see whether your proposal was accepted. To confirm your speaker participation, simply reply us and tell us you will participate as speaker.

Thank you to Ubuntu for Join as Diamond Sponsor!

2021-07-24 01:49 +0700
  • Sartika Lestari

We are gladly to announce Ubuntu as our part of Diamond Sponsor. The Ubuntu desktop as we know is the world’s most widely used Linux workstation platform, powering the work of engineers across the globe. Ubuntu today has many flavours and dozens of specialized derivatives. All share common infrastructure and software, making Ubuntu a unique single platform that scales from consumer electronics to the desktop and up into the cloud for enterprise computing.

Calling for speakers is now closed!

2021-07-15 12:22 +0900
  • Youngbin Han

Hello folks! Calling for speakers is now closed! Thanks to everyone who submitted session proposals to the first Ubuntu conference in Asia! We have received total 46 proposals! This includes… Talks & Extended Talks Lightning talks Workshops Panel discussions But this does not includes social events and sponsor sessions yet. In next 2 weeks, Our content team will review your submissions until the end of this month. Content team folks may contact to each person who submitted proposals to ask some further details.

Double check your proposal submissions before deadline

2021-07-11 03:34 +0900
  • Youngbin Han

Call for speakers will close soon on July 14th 23:59 UTC+9! If you have submitted any session proposals, please double check your submissions and update it if required before the deadline comes. Your speaker info Please see the image and description below and check your speaker info submissions once again to see if anything missing. Name: Your full name (e.g. Youngbin Han) Email: Your email contact address. You’ll receive proposal review result with the email address you entered here.

Calling for proposals extended by July 14

2021-06-30 08:31 +0900
  • Youngbin Han

If you have been rush into submitting proposal, You now have extra 2 more weeks to finalize submitting your proposlas! UbuCon Asia 2021 Calling for proposal due date has been extended by July 14th 23:59 (UTC+9). For your informations, See details you need know from below before submitting proposals. Please do not hesitate to contact Ubucon Asia team whether through social media or email if you are not sure about writing your proposal or preparing your presentation.

一緒にカンファレンスを作りませんか

2021-01-07 01:00 +0900
  • Youngbin Han

アジアには、さまざまなLinuxとオープンソースのカンファレンスがあります。たとえば、このようなカンファレンスです。 openSUSE.Asia GNOME.Asia LibreOffice Asia Conference PyCon APAC FOSSASIA Summit その他いろいろなカンファレンス… 私が以前、Ubuntu Koreaコミュニティの代表だったとき、海外のいくつかのカンファレンスに参加してきました。 新しいことを学んだり、新しい人に会う目的もありましたが海外のローカルUbuntuコミュニティ、特に韓国に近い地域のコミュニティと交流という目的もありました。海外のカンファレンスに参加して、いろんな地域の、さまざまな方たちと会いましたが残念ながら海外のUbuntuコミュニティの人たちと会うことは、ほとんど、ありませんでした。また、アジアのUbuntuカンファレンスもありませんでした。 イベントから帰国して、アジアにカンファレンスは多いのに、なぜ、Ubuntuのカンファレンスだけがないのだろうと考えていました。Ubuntuは、ポピュラーなLinuxディストリビューションで、さまざまな分野で利用されています。また、組織化された大規模なコミュニティもあるなら、国際的なカンファレンスがあってもいいのではないか。 もちろん、国際的なカンファレンスはあります(Ubucon EuropeやUbucon Latin America、[email protected]など)。ですが、アジア向けのカンファレンスは、まだ、ありませんでした。 Ubuntu Asiaカンファレンスを開催したいという気持ちは持っていました。しかし、大きな会場を借りる負担、時間や費用の負担、韓国国内のコミュニティ運営など、個人的な事情が忙しく心に留めておくだけで実行するつもりはありませんでした。 そして、2020年。COVID-19の大流行により学校や会社、さまざまなコミュニティ活動や大型カンファレンスも従来のオフラインでの開催が難しくなりました。それにより、大部分がオンラインに移行しました。オンラインイベントには多くの制約があります。参加者は直接会えないので、交流なども難しい状況です。また、オフラインでは可能なプログラムもオンラインでは制約も受けます。 しかし、私は、この状況がUbucon Asiaの開催には良いチャンスだと思いました。イベントやイベント準備活動のほとんどは、オンラインで行われます。イベントを企画進行する人にとっては、会場を借りたり、現場のインフラ構築(Wi-Fi、参加者確認システム、中継システム、スポンサーブース、おやつの提供)など運営に対する負担が少なく気軽に始められます。参加者の立場からは、海外カンファレンスに参加するために航空券や宿泊などに高い費用を払わなくても自宅から気軽に参加できるメリットもあります。 Ubucon Asiaを企画、開催するために、Ubuntu Koreaコミュニティのコアメンバーたちと議論しました。そして、アジアのUbuntuコミュニティに連絡を取り、Ubucon Asiaをオンラインで開催しようと提案しました。以前、連絡したことがあるコミュニティに連絡したり、海外のカンファレンスで知り合った方を通じて連絡も取りました。そうして、多くの試みをした結果、さまざまな地域のUbuntuコミュニティとチームを組むことができました。 ですが、参加提案してもタイミングが悪く参加ができないコミュニティや、参加していても人数が少なく、運営に必要な人数には足りないケースもあり、これから継続して活動のためには、まだまだ解決することが、たくさんあります。また、Ubucon Asiaは初めての開催で、イベント規模や形態、企画の進行や意思決定の方法なども多くの議論が必要になります。 そこで、Ubucon Asiaに参加して一緒に企画、運営してくれる人やコミュニティを募集しています。アジア地域に住んでいてオープンソースやLinux、Ubuntuなどに興味があり、Ubucon Asiaの活動を一緒にやることに興味のある方は、ぜひ参加してください。Ubucon Asia 2021は、2021年の第3〜第4四半期開催を目標に準備しています。カンファレンスの中心メンバーを確定させ、2月からはカンファレンスの検討事項に対して本格的な議論(スポンサー、発表者の募集、ボランティアの募集、イベントプログラム、ビデオの字幕作成など)を始める予定です。 Ubucon Asiaチームにコアメンバーとして参加したい方は、今月末(2021年1月末)までに メール([email protected])、または、Telegram(sukso96100)まで連絡をお願いします。個人で参加した場合は、本人に関する簡単な紹介を書いてください。コミュニティで参加したい場合は、コミュニティについて紹介してください。 Ubuntuコミュニティでなくても、Ubuntuと関連があればチームに参加できます。 Ubucon Asiaの計画や状況については、Ubuntu Wikiから確認できます。 多くの皆さまからの参加をお待ちしております。

  1. First page
  2. Previous page
  3. 1
  4. 2
  5. 3
  6. Next page
  7. Next page

Ubucon Asia 2021

© 2021 Ubucon Asia 2021 Website authors. Except where otherwise noted, Website source code licensed under MIT, Contents licensed under CC BY 4.0. Ubuntu and Canonical are registered trademarks of Canonical Ltd.

Source code on GitHub